>> 現在の場所: ホーム >>故障なの?事例1:スーパーコピー 時計がすぐに止まってしまう
故障なの?事例1:スーパーコピー 時計がすぐに止まってしまう
様々な原因が考えられますが、まず疑うべきはゼンマイの巻き上げ不足による駆動力不足。
自動巻きの時計は腕につけていれば、ずっと動き続けるものだと思っていませんか?自動巻きの時計は、内蔵されたローターが腕の動きで回転し、ゼンマイを巻き上げる仕組みです。従って腕から外すことが多かったり、腕の動きが少ないと時計を駆動させるための十分な動力が得られず、精度が乱れたり、止まってしまうことがあります。


そのため、1日最低でも8~10時間ほど腕に着用する必要があります。
腕から外すことが多い方、デスクワークなどで動きの少ない方は、長時間着用していても駆動力不足になる可能性がありますので、毎朝ゼンマイを巻き上げ方向に30~40回ほどゆっくり巻き上げてからご使用頂くと確実です。
駆動時間(パワーリザーブ)は時計によって異なりますが、一般的な機械式時計はゼンマイが巻き上がった状態で40~50時間程度のものが多いです。ただしメーカーが発表している駆動時間は、時計に一切の負荷を与えずに測定した最長時間になりますので、実際のご使用ではもう少し短いと思ったほうが良いでしょう。

また、ゼンマイをしっかりと巻き上げた状態で、大幅に所定の駆動時間を下回る場合は、ゼンマイ切れやパーツ破損などの可能性がありますので、時計店に見てもらうことをお勧めいたします。


弊店ではロレックス等スーパーコピー時計を扱っております。感謝の気持ちを込めて本日から全商品に対して10%安くいたします。どうぞご利用ください。


前ページ: ステンレスベルトサイズ調整無料サービス wshop2345 コピー時計
次ページ: 故障なの?事例2:コピー時計 0時ちょうどにカレンダーが変わらない