>> 現在の場所: ホーム >>空に革新をもたらした偉大なパイロットウオッチの系譜
空に革新をもたらした偉大なパイロットウオッチの系譜
オリスのタイムピースは、陸・海・空・カルチャーの4つのジャンルにカテゴライズできる。“空”のビッグクラウンはブランドきっての定番ロングセラーシリーズで、1938年に開発された名機をルーツとしている。


その優れた機能が最初に注目されたのが、第二次世界大戦時だった。アメリカ空軍の飛行士たちが使用した際、極寒の高高度上空において凍えた手でもリューズが扱いやすく、名称通りの大きなリューズが役立ったという。またオリスはそれ以前、ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した1903年から8年後に飛行士用懐中時計を初めて発明し、1917年には飛行士用スーパーコピー時計も発表している。要するにオリスは航空史における重要な役割りを果たしたと同時に、ビッグクラウンという空のエポックメイキングなモデルも輩出したのだった。


近年、経年変化を楽しめるブロンズ素材を積極的に採用していることも、オリスが持つ進取の精神に符合するといえよう。大型リューズにコブラ針、コインエッジベゼルなど、オリジナルから受け継いだクラシカルな意匠と現代的な新要素の融合は、独立ブランドたる先駆的なフィロソフィーに起因している。


前ページ: オン・オフを問わず活躍する黒文字盤
次ページ: 水を気にせず楽しめる防水性能があるといい