>> 現在の場所: ホーム >>U40の限定カラーバージョン U41を発表
U40の限定カラーバージョン U41を発表

またまた、よく知らないマイナーなブランドを持ち出して、と思われているかもしれない。が、趣味も仕事も常に広い視野で世界を見ていかなければもったいない時代である。メインストリームの大ブランドについては、多くのプロの方たちが書いてるし、情報を得るのに困ることはない。しかし、こういった日本からは遠くて「隠れた地上の星」のようなブランドを日本の皆さんに紹介する「ユーザー目線」のブログがあってもいいだろう。

今日紹介したいのは、アンジェラス(Angelus)。ブランド自体の歴史は約125年と古いが、2011年にラ・ジュー・ペレ(La Joux-Perret, SA)に買収され、その後2012年にLa Joux-Perret自体が(正確にはさらにその親会社のPrototecという部品製造会社が)シチズン Citizenに買収されたようだ。ビンテージ時計に凝っていたころ、アンジェラスの60-70年台のクロノグラフはとてもよくできた、魅力的な時計だなあと思っていたことを思い出す。

しかし、このブランドがシチズンの子(孫)会社ということはあまり知られていないと思う。私も知ったのはしばらくあとのことである。というのは、例えば宣伝などに”Angelus"とか、”Arnold & Son"というブランド名を書くが、そこがどこかの子会社である場合には、その下に”A Citizen Company”と入れることが多いのであるが、それもなく、Citizenからの積極的な宣伝もなく、このブランドは一体何者? と思っていた。このあたり、シチズンは世界戦略的にはこういう先手を打っていたことはわかるが、グループ本体を隠さなければいけないくらい、独立性を重んじるような契約だったということだろうか。そこまでいくとちょっと理解に苦しむが。戦略ではなく、ただの純投資だったということ?弊店ではロレックス等スーパーコピー時計を扱っております。感謝の気持ちを込めて本日から全商品に対して10%安くいたします。どうぞご利用ください。



前ページ: レプリカ時計「カーキ ネイビー ビロウ ゼロ」発売
次ページ: “計器”として設計されたドライバーズウオッチ