>> 現在の場所: ホーム >>新たなジオフィジックが搭載する「デッドビートセコンド」とは?
新たなジオフィジックが搭載する「デッドビートセコンド」とは?
Cal.770は、振動数も一般的なハイビートで、パワーリザーブも昔ながらの“約1日半”相当です。しかし、テンプに「ジャイロラボ」という新たな形状のものを持ち込み、空気力学的に有利なテンプを搭載しています。


もちろん、ジャイロラボを採用したこともCal.770の注目点のひとつですが、私としては、“部品点数”に注目すべきだと思います。なんと、シンプルな“3針+デイト”のムーブメントでありながら、スーパーコピー時計部品点数が「275個」もあるのです。比較対象を挙げるなら、従来のジャガールクルトの“3針+デイト”ムーブメントのCal.899でしょうが、こちらは部品点数「219個」です。比較をすると、いかにCal.770の部品点数が多いかわかります。


前ページ: 時計好きにサプライズをあたえる時計
次ページ: クロノマット 32にピンク&ミントグリーンの新ダイアルが追加