>> 現在の場所: ホーム >>リシャールミルの時計はなぜ高いのに売れているのか?
リシャールミルの時計はなぜ高いのに売れているのか?
スーパーコピー時計リシャールミルが登場した2001年、一本1900万円という価格に、誰もが驚きを禁じえませんでした。


当時1000万円超えというプライスレンジの時計が無かったわけではありません。しかしながら、それらはゴールドやプラチナケースにコンプリケーションを搭載した、とか、ハイジュエリーウォッチとか、コンプリケーションを幾重にも重ねたものとか、日用品と言うよりも工芸品・家宝の側面が強い製品ばかりでした。


しかしながらリシャールミルは「デイリーユース」として、貴金属や貴石を使っていないモデルを1900万円で打ち出したのです。当初は「聞いたこともないブランドの超高額時計なんて、誰が買うんだ?」と言われました。でも、蓋を開けてみれば、この処女作のファーストロット17本は、瞬く間に完売しています(しかもうち、初期不良は一本だけだったとか)。


 
リシャールミルはその後、著しく急成長を経て、トップクラスの高級時計ブランドへとのし上がります。むしろリシャールミルに時計業界全体が追随し、高価格帯に舵を切るようになりました。


なぜ、リシャールミルは荒唐無稽とも思われる価格で、成功したのでしょうか。なぜリシャールミルの時計は高いのに売れるのでしょうか。


前ページ: ベースとなっている“コンプレダイバー1960”の魅力を再チェック!
次ページ: 全く新しい素材イノベーション 腕時計のF1を目指す